iPhone買取サービスは下取りサービスよりお得

iPhone下取りについて

ソフトバンクがiPhoneの「下取りプログラム」をiPhone5発売開始と同時に開始します。

 

ところで・・・この下取りプログラムって?

 

新規契約、機種変更で4G/LTE対応スマートフォンを購入したお客さまを対象に、それまでご利用されていたスマートフォンを下取りするプログラムです。
下取り対象機種に応じて毎月のご利用料金から割引します。

 

※新規、もしくはMNPで4G/LTE対応スマートフォンをご購入いただくご本人が、過去にソフトバンクでご利用していた下取り対象機種をお持ちであれば、本プログラム対象となります。
※4G/LTEスマホ家族キャンペーンとは併用できません。
※iPhone 4Sへの機種変更については今回のプログラムの対象外となります。

 

iPhone
[ iPhone 4S ]
64GB 20,000円32GB 18,000円16GB 16,000円
[ iPhone 4 ]
32GB 12,000円16GB 10,000円8GB 8,000円
[ iPhone 3GS (全て)]
5,000円
[ iPhone 3G (全て) ]
4,000円
スマートフォン
[ X06HT、X06HTU、001HT ]
3,000円
[ 001DL、101DL ]
2,000円
液晶画面割れなどの大きな破損がある場合は、下取りできません。
実施期間
2012年9月21日(金)から2012年11月30日(金)まで

 

下取りと言うよりも割引って感じですね!!!
月々の電話料金から割引されるだけで、現金にはならないし・・・イマイチ実感がないサービスですね。

 

9月21日情報追加のため削除
iPhone5に機種変更の場合は
iPhone4sを使っていた人は (毎月1000 円×12 カ月)合計12000 円の下取り
iPhone4を使っていた人は (毎月1000 円×8 カ月)合計8000円の下取り
で下取りし、毎月のご利用料金から割引

 

9月21日情報追加のため削除
iPhone4sに機種変更の場合は 
iPhone4を使っていた人は(1000円×8カ月)合計8000円の下取り
で下取りし、毎月のご利用料金から割引

今回の対象機種はiPhone4s、iPhone4ですが・・・
今後、Androidなどを含め順次下取りサービスを拡大していく予定らしいです。

 

 

 

iPhone買取専門店なら、「ソフトバンク」以上の価格で買取可能です。

 

現金で買取しますので、お小遣いにも!

 

是非、買取サービスをご利用ください。

 

iPhoneやiPadの買取はエコブックへ


 

 

購入時残債が残っているのですが買取可能でしょうか?

減額対象にはなりますが、十分買取可能です。

ネットワーク制限×(赤ロム)状態ですが買取は可能でしょうか?

減額となりますが、買取可能です。

水防、液晶破損の状態でも買取可能でしょうか?

新品の買取価格に比べ大幅な減額にはなりますが、買取可能です。

どんな買取方法がありますか?

直接店舗までお持ちただく「店頭買取コース」、梱包材や宅配便の手配まで全て当社にお任せの「楽々無料宅配コース」、お急ぎのお客様向けの「スピーディーコース」の3種類をご用意しています。
お客様にあったコースをご選択下さい。

 

iPhoneやiPadの買取はエコブックへ


 

↓iPhone5の記事です。

 

iPhone5の発売が決まりました

 

やっと、といっていいと思います。随分前から発売の噂はあり、時期的には1年程まっていたようなもの。前回の発表では全く触れられずに終わってしまっていたので、発表は年内ギリギリなのではないかとしている分析もありましたから、ちょっと長期戦に構えていたのですが、結局9月発売。これは嬉しいです。

 

iPadMiniの発売との時期をずらした結果だと思いますが、ちょうどiPhone4が発売されてか2年程と、本当にいいタイミングではないかと思います。

 

スペックの高速処理とバッテリーが長持ちになる、という点は特に期待しています。といいつつもどちらも発売後トラブルがなかったことがない、というのもiPhoneではありますが。それからマップのアプリが3D化するのでしょうか?方向音痴としては余計迷いそうな気もしますが早くみてみたい気はします。

 

動画をみるに、相当に薄そうですね。軽くなるのは嬉しいですが、昔、普通の携帯がどんどん薄くなっていった時のように、紛失しやすくなりそうなのは不安です。

 

iPhone5にわくわく

 

ついにAppleからiPhone5の発売が発表されました。発売日は、9月21日、日本ではKDDIとソフトバンクが取り扱うということで、夜中のTwitterのタイムラインもその話題で持ちきりでした。朝のモバイル系、IT系ニュースも速報で流しているので、これを見ているだけでもわくわくしてしまいます。iPhone5では、新バージョンのiOS6を搭載し、液晶パネルも従来のものより大きくなるようです。ネットワーク機能で注目される点では、高速ネットワーク通信、LTE対応していることですが、日本ではどんな感じで対応するのでしょう。こちらも各対応キャリアの発表がとても気になります。カメラ機能や動画機能も向上しているそうですし、それ以外にもiOS6には新機能が満載しているとのことです。ただし、日本では未対応のものもあるみたいですので、こちらはAppleの公式サイト等で確認をした方がいいでしょう。このように今回も話題もちきりのiPhone5ですが、また発売日には各携帯ショップ前やApple Store前で行列が出たり、品不足が出てしまうのでしょうか。この製品発表から発売までがわくわくお祭り騒ぎというのもiPhoneシリーズの恒例となっているようです。今、iPhone4Sを持っている身としては悩みどころではあります。

 

 

1日の迷いが買取価格低下に繋がるiPhone下取り

 

待ちに待ったiPhone5が発表されました。
旧型のiPhoneやiPhone4sを使用している方は、1日も早く買い換えたいと考えている方も多いと思います。
しかし、不景気が長引く昨今です。
自由に出来るおこづかいの額も低下ぎみで、新機種が出る度にホイホイと買い換えるには、少し手元が不如意な気がする…

 

そんな時に強い味方となるのがiPhoneの下取りサービスです。
先日、iPhoneを取り扱う通信キャリアsoftbank自身がiPhone5に機種変更する場合の下取りサービスを行う事を発表しました。
また、国内の様々な白ロム携帯、スマートフォンを扱う業者も、高額で下取りサービスを行っています。
では何故、iPhoneは下取りサービスで高額に買い取ってくれるのでしょうか。

 

スマートフォン全体のシェアから見ると、iPhoneの国内シェアは低下気味だそうです。
しかし見方を変えてみると、iPhone1機種で、他のスマートフォン連合とシェアを争っているのですから、やはりiPhoneの人気はあなどれないモノがあります。
つまり、スマートフォンの中でiPhoneはブランド価値がある機種なのです。

 

この様な価値があるiPhoneですが、手持ちの旧機種を下取りに出すなら、1円でも高く売りたいのは人情と言うモノです。
では、どの様にすれば良いでしょうか。
良く言われる事が、「箱や付属品、説明書を付けると高査定」という点です。
これらの付属品があると無いとでは、下取り業者が下取り後の在庫回転率が全く違ってくるからです。

 

では、iPhone購入時の箱や付属品を、既に処分してしまった方はどうすれば良いのでしょうか。
良い方法があります。
1日も早く下取りしてもらう事です。
一般原則として、新機種が発売された後の旧機種は、時間が経つごとに値打ちが下がっていきます。
特殊な例外として、新機種に重大な欠陥があった、旧機種にだけ特別な機能があり、プレミア的な価値が出る場合があります。
しかしiPhone5の場合は、この様な例外は考えにくいでしょう。

 

インターネット上で、おおよその見積もりしてくれるWebサイトも多数、存在します。
この様なサイトを上手に利用して、少しでも高く自分のiPhoneを売る事ができると良いですね。

 

iPhone下取りサービス開始

 

9月21日にiPhone5が日本で発売されますね。
もう待ち遠しくて仕方ない!という方も多いのではないでしょうか。
このiPhone5発売に合わせて、ソフトバンクではiPhone下取りサービスを開始するそうです。
その内容は下取りサービスを利用してiPhone5へ機種変更した際、下取り金額を毎月の料金から割引してもらうことができるというもの。

 

iPhone4sからiPhone5へ機種変更した場合の下取り金額は12,000円。
毎月1,000円の割引を12ヶ月間受けることができます。
iPhone4からであれば8,000円での下取りになり、こちらも毎月の割引額は1,000円となります。
また、iPhone4からiPhone4sに機種変更するという場合でも下取りは可能。
下取り金額は8,000円、月々1,000円割引という形になります。
要するに、この下取りサービスを利用すれば8〜12ヶ月の間、利用料金が毎月1,000円安くなるということですね。

 

iPhone5発売と合わせてソフトバンクでは下取りサービスを行うことになりましたが、以前から独自に買取りサービスを行っているお店もありますよね。
リサイクルショップなどで高値買取と宣伝しているのを見かけたことがある方もいると思います。
実はこの買取りサービス、下取りをしてもらうよりも価格が高くなることがあるのです。
あくまで状態がいいことが前提となってしまうのですが、傷などが少なければ下取りよりもお得になる可能性を秘めています。
事前査定が可能な場合もあるようなので、価格を確認してから下取りか買取りかを選ぶこともできます。
少しでも得したいな、という気持ちがあるならまず査定してみることをオススメします。
状態によっては買取りよりも下取りのほうがお得になることもあるでしょうし、買取りのほうが絶対にいいというわけでもありません。
ですが、下取りサービスを利用しようと考えているのであれば、買取りサービスも合わせて検討してみてもいいのではないでしょうか。

 

ソフトバンクのiPhone下取りで真剣に悩んでいます。

 

ソフトバンクの孫正義社長が9月19日に緊急記者会見をするとの発表を聞いたので、私は、恐らくテザリング解禁でauに追随するのだろうなと考えていました。それについては間違いないのですが、その他に24時間通話定額、4G/LTEスマホBB割、4G/LTEスマホ家族キャンペーン、そしてスマホ下取りプログラムを拡充するという5つのオプションを追加しました。まさに孫社長のおっしゃった、auに対しての「後だしじゃんけん」です。私は、現在iPhone3GSユーザーで、今回の発表を興味深く拝見しました。
中でもスマホ下取りプログラムは、当初iPhone4S及び4が対象とのことでした。古い機種のユーザーは相手にされないのだろうなと諦めていました。しかし今回の発表で、iPhone3GS及び3のみならず他のスマートフォン機種まで下取りするとの大英断でした。私はiPhone3GSユーザーですから5,000円での下取りとなります。なにしろスマートフォンの利用者負担は結構大きいですし、また、世の中もこのような経済情勢ですから、例え5,000円でもかなり助かります。一方ソフトバンクにとっては、下取りした機種をリサイクルするとはいえ、これによるコストは間違いなく増大しますが、それでも加入者つまり利益を増やすことができるとの読みなのでしょう。
ところで、もうひとつ注目すべき点は、4G/LTEスマホ家族キャンペーンです。私の場合はiPhone3GSですから、これを家族が新規契約して使用すると、その家族が2年間毎月1,980円のパケット定額料の負担ですむことになるのです。
そうすると、先程のスマホ下取りプログラムとの比較になります。単純に5,000円の値引きなのか、家族ひとり分の料金が発生するものの、4,410円かかるパケットし放題フラットを1,980円で24か月恩恵を受けるのか。
この発表があって、ざっくりと言えば、この2つのオプションを除くとソフトバンクとauの料金内容はほぼ同じになります。そのため費用面だけでいえば、ソフトバンクは選択肢としてかなり有力になります。しかしながら、今持っているiPhone3GSをどうするかで真剣に悩んでいます。

 

iPadをどう活用してますか?

 

iPhoneに感動してiPadも買ってみたはいいものの、思ったほど使い道がなくて持て余してしまっている人は結構いますよね。皆さんはどんな風にiPadを活用していますか?
iPhone買取 iPad買取の古本応援団 町屋店iPhone買取、iPad買取は エコブック蓮沼店へ

 

家庭内で使う場合、やはり写真や動画を家族や友人と一緒に見られるのが便利ですが、なにも旅行や記念写真のような特別な日に限りません。
普段何気なく撮っていて増えていく子供やペットの写真など、家族が別々に撮った写真をまとめて保存することで、みんなが楽しめるフォトギャラリーが自然と出来上がるのは楽しいですよ。
カメラライブラリで眠っている画像があれば、是非共有してみましょう。

 

仕事でも、講演や会議のメモに十分使えると思います。斜めに立てられるスタンドカバーをつけて横画面にしておけば、意外とスムーズにキー入力できます。
ノートPCと比べて優れている点は、可搬性や静音性だけでなく、何と言っても手書きメモアプリを使うことで、マウスやトラックパッドよりはるかに簡単かつきれいに画像付きメモが作成できることです。

 

面白い使い方としては、自分ではなく家族や兄弟に、iCloud設定したiPadを贈ることです。一人暮らしや旅行中など、iPhoneで撮影した写真を共有設定することで、電話だけでは分からない様々な情報をほぼリアルタイムで共有できるので、かなり便利だと思います。もちろん、カレンダーやメモなど、共有項目の個別設定は忘れずに。

 

iPadならではの、共有やタッチパネルを活用する用途であれば、色々新しい使い方が考えられると思います。是非自分ならではの使い方を見つけてみてください。

iPhone5sは買いのスマフォ

様々な情報がリークされていまかいまかと待ち望まれていたiPhone5sがようやくApple社から発表されましたね。噂通りに廉価版のiPhone5cとフラグシップ版iPhone5sの二展開でしたね。性能もかなり向上しているのがスペック表を見てみるとわかります。iPhone5sのカラーリングは大人びた3色展開です。シルバーにゴールド、ダークがかったシルバーという大変落ち着いたシックな色合いです。スーツ姿にも合いますし嬉しいですね。驚いたことにiPhone5sには指紋認証が搭載されたんですね。これでセキュリティが向上して街で落としてしまっても勝手にロックを解除される危険性が減ったでしょう。とても嬉しい機能です。カメラは画素数が大型化したようで、連写性能があがり、スロー撮影機能が搭載されたようです。iPhoneといえば写真性能が高くて評判でしたが、これによりますます別にデジカメを持つ必要性がなくなるのではないでしょうか。iPhone5sだけで全てが済ませられたら便利ですよね。これは絶対に購入しようと思います。

iPhone5sはやっぱり凄い

噂通りに、iPhoneの最新作のiPhone5sが発表されました。

 

一番興味深いのは、Touch IDと呼ばれる指紋認証機能だと思います。
今の時代は誰でもスマホを持っている様になり、誰でも簡単に操作出来るので、セキュリティーの部分では、かなり気をつけないといけません。
そこで、今まではパスワードでiPhoneをロックしていましたが、正直1日に何度も使うたびに、パスワードを入れるのは面倒でした。
しかし、セキュリティーの部分では最重要なことでした。

 

今回のiPhone5sでは、ホームボタンに触れるだけでロックが解除出来る様になる為、とても嬉しいことです。
しかも。アプリのダウンロードのApp StoreやiTunes Storeでデウンロードする際にも、指紋認証出来るようなので、今までのiPhoneよりかなり進んだ技術だと感じます。

 

しかも指紋は複数登録出来るようなので、家族の指紋を登録しておけば、子どもたちが使う際にも問題ないと思います。

 

実際に使ってみると、その便利さに圧倒されるような気がします。
何せAppleの作ったものですから。

 

iPhone5sに乗り換えたい

国内で9月20日にiPhone5sが発売するそうです。
現在使っている携帯電話は、ドコモのガラケーを使用しているのですが、ドコモでもiPhone販売するということでこの機に乗り換えたいと思っております。
どうせ乗り換えるならと、9月20日に国内で発売するiPhone5sに乗り換えたいと思っております。
iPhone5sは、色が(ゴールド、シルバー、スペースグレー)あるそうです。
今までのiPhone5との違いは、64bit のA7プロセッサ搭載しており、CPU / GPU ともにA6から2倍に高速化したそうです。
更にカメラも進化しており、連写モード、動画手ブレ補正の強化、120fps撮影、スローモーション、シャッターを押しっぱなしで10枚/秒できます。
それと28メガピクセルのパノラマ撮影や撮影しながら動的に露出補正などの機能を新たに追加されています。
これらの新機能を搭載しているiPhone5sは、ぜひ使ってみたいと思いましたので、なんとかして買い替えたいです。
今から使用するのが楽しみでございます。

 

iPhoneやiPadの買取はエコブックへ